ご存じですか? 看護学校費用は負担はかなり減らせます。減免・給付・貸付制度

高等教育の修学支援新制度

 文部科学省では、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、令和2年4月から高等教育の修学支援新制度を実施しています。


20210331-mxt_gakushi01-100001062_02
.pdf
Download PDF • 188KB

高等職業訓練促進給付金 高等職業訓練促進給付金(ひとり親家庭の親の方)

〔概要〕  資格を取得し、経済的な自立を目指す方を支援する制度。

在職中の方で、安定した収入を得るために有利となる資格を取りたいが、

『働きながらは、無理...』そのような、ひとり親家庭の親の方をサポートする制度です。 返済義務は、ありません。

※修業期間1年以上の専門学校等に通う場合、課税状況に応じて毎月給付金が支給されます(受給資格について審査あり)。

〔対象資格〕看護師・准看護師・介護福祉土・保育士・理学療法士・作業療法士等

〔対象者〕 複数の要件がありますが、主に、児童扶養手当の支給を受けており、

専門学校等において1年以上のカリキュラムを修業し、資格を取得することが見込まれる方などです。

〔給付額〕 専門学校等に通っている間の一定期間、課税状況に応じて訓練促進給付金が支給されます。 ※月額70,500円 または 100,000円。

また、養成期間終了後に、25,000円 もしくは 50,000円の修了支援給付金が支給されます。

高等職業訓練促進資金貸付(ひとり親家庭の親の方)

〔概要〕高等職業訓練促進給付金の給付金を受給している方を支援する制度。

高等職業訓練促進給付金を受給しているひとり親家庭の親の方に、一定の要件を満たせば、貸付金の返還が免除されます。

〔対象者〕 熊本県内に住所を有するひとり親家庭の親の方で、職業訓練促進給付金の支給を受けている方。

〔貸付額〕 ・入学準備金50万円以内  ・就職準備金20万円以内


看護師等修学資金貸与制度

〔概要〕 熊本県内の学校に在学し、保健師、助産師、看護師及び准看護師を養成する修学を支援する制度。

〔対象者〕 1)養成施設に在学している者。

2)卒業後、2年以内に免許を取得し、直ちに熊本県内の免除対象施設におい

て看護業務に従事することが確実である者。

※熊本県外の看護学校養成所に在学、若しくは入学予定の方も対象となります。

〔貸与額〕貸与期間は、1年間(継続申請可)。貸与金は、4半期ごと(3か月分ずつ)の支払い。

●保健師・助産師・看護師養成施設の場合  ・国公立32,000円/月 民間立36,000円/月

●准看護師養成施設の場合         ・国公立15,000円/月 民間立21,000円/月

  〔返還免除について〕

卒業後、2年以内に免許を取得し、免許取得後、直ちに熊本県内の「※免除対象施設」に

就業、引き続き5年間看護の業務に従事した場合は、修学資金の返還は全額免除となります。 なお、5年間には達しないが、貸与を受けた期間以上看護業務に従事した場合は、その期間に応じて返還が一部免除となります。